02 吹奏楽・管楽器の最近のブログ記事

FOCD9485.jpg [ WEBで購入 ]


ヨハン・デメイ:交響曲 第1番 「指輪物語」
ジェイムズ・バーンズ:交響曲 第3番 作品89

秋山和慶 指揮 大阪市音楽団

2010年6月12日 ザ・シンフォニーホール ライヴ録音
FOCD9485 定価¥2,800(税抜価格¥2,667)


お待たせしました!市音(大阪市音楽団)第100回記念定期演奏会、ライヴCDが発売!

今回収録された2曲は、市音によって1992年第64回定期で日本初演されたデメイの「指輪物語」と、1996年第72回定期で世界初演されたバーンズの「交響曲第3番」です。両曲とも市音と深い関わりがあり、第100回記念定期演奏会にふさわしい名曲です。
市音が1990年代の定期演奏会でとりあげ、世界に向けて羽ばたくきっかけとなった2曲を、芸術顧問・特別指揮者の秋山和慶が再演しました。

今、新しい作曲家たちによって多くの吹奏楽による交響曲が誕生しています。吹奏楽の素晴らしさを改めて体験して頂ける2大交響曲作品です。
壮大な音楽絵巻、吹奏楽の世界がもたらす緻密かつ巨大な建築物(交響曲)を市音のサウンドでお楽しみ下さい。

FOCD20080.jpg [ WEBで購入 ]


1. T・ベーム:2本のフルートとピアノのためのコンチェルタンテ op.7
2. F・ドップラー:「謀叛人」の主題によるコンサートパラフレーズ op.18
3. F・クーラウ:トリオ ト長調 op.119
4. F・ドップラー:リギの思い出 op.34
5. J・アンデルセン:軍隊式アレグロ op.48
6. J・ブラームス:ハンガリー舞曲第1番 ト短調

マクサンス・ラリュー:フルート アンドラシュ・アドリアン:フルート、アルトフルート
占部由美子:ピアノ 吉田いずみ:ベル(4)

2000年11月6日 いずみホール (1, 2)
2002年10月21日 第一生命ホール (3, 4)
1999年5月3日 いずみホール (5, 6)
FOCD20080 定価¥2,940(税抜価格¥2,800)


長年の友人であり仕事仲間である、マクサンス・ラリューとアンドラシュ・アドリアン。
ともに「ランパル」という伝統的なフレンチ・スクールの流れを受ける2人は、ジャパン・コンサート・ツアーのために、2本のフルートとピアノのためのロマン派の珍しい作品を見つけては、楽しんで演奏しました。
本作は、パウエル・フルート・ジャパンの協力を得て行われた1999年、2000年、2002年の3回のジャパン・コンサート・ツアーのLIVE音源。
まさに、今世紀を代表するフルート界の二大巨匠による、夢の共演です。

FOCD9479.jpg [ WEBで購入 ]


プーランク:ソナタ
サン=サーンス:ソナタ 作品167
カユザック:道化師
フランセ:主題と変奏
ドビュッシー:ラプソディ 第1番
ドビュッシー:亜麻色の髪の乙女

大谷淳子 クラリネット
パトリック・ジグマノフスキー ピアノ

2009年7月8・9日 白寿ホール
2009年11月11・12日 秩父ミューズパーク音楽堂
FOCD9479 定価¥2,800(税抜価格¥2,667)


クラリネットの新星、待望のソロ・デビューアルバム。

大谷は国立音楽大学在学中に渡欧。ポールデュカ音楽院、ジュネーヴ高等音楽院で研鑽を積み、各国のコンクールで素晴らしい成績を残しました。
2007年から2008年にかけてスイスのビール/ビエンヌシンフォニー交響楽団、2008年から2009年にはノルウェーのベルゲン・フィルハーモニー管弦楽団で首席奏者を歴任。
ソリストとしても継続的に活動をしており、2003年東京文化会館でのソロデビュー・リサイタル開催の後は、毎年日本にてソロ・室内楽のコンサートを行っています。
本CDはその多彩な演奏経験のなかで、常に大谷の身近にあった曲を自らが選曲。大谷淳子の比類ない個性としなやかな魅力が集約されています。

FOCD9461.jpg [ WEBで購入 ]


宮川彬良:生業(ナリワイ)【世界初演】
宮川彬良:吹奏楽のためのソナタ「ブラック・ジャック」
レナード・バーンスタイン(ポール・ラヴェンダー編曲):
   ミュージカル「ウエスト・サイド物語」から シンフォニック・ダンス
ウィリアム・C. ハンディ(ジェリー・グレイ編曲/ペリー・バーゲット補作):
   セントルイス・ブルース・マーチ
宮川彬良:マツケンサンバII
宮川彬良:YARAMAIKA行進曲

宮川彬良 指揮 大阪市音楽団

2009年11月13日 ザ・シンフォニーホール ライヴ録音
FOCD9461 定価¥2,800(税抜価格¥2,667)


「クインテット」や「どれみふぁワンダーランド」などテレビでお馴染みの宮川彬良。その音楽的興味はあらゆるジャンルに及びます。
大阪市音との出会いは、1997年の「なみはや国体」のためにマーチを作曲したことから始まります。
初演となる「生業」を含む自作曲に、バーンスタインのシンフォニック・ダンスなどの名曲を交えた構成です。いずれも躍動感が感じられる演奏で、宮川の感性と市音の高い技術が垣間見られ、そして何より遊び心が溢れています。一世を風靡したマツケンサンバ?の吹奏楽自作自演版にも注目ください。

FOCD9453.jpg [ WEBで購入 ]


木陰の散歩道 [エドウィン・フランコ・ゴールドマン(M.L.レイク編)]
マーチ1941 [ジョン・ウィリアムズ(P.ラベンダー編)]
ブロックM [ジェリー・ビリク]
忠誠 [ジョン・フィリップ・スーザ(ブライオン/シッセル編)]
ナイルの護り [ケネス・ジョセフ・アルフォード]
ナイツブリッジ行進曲 [エリック・コーツ]
マウントバッテン伯爵行進曲 [フランシス・ヴィヴィアン・ダン]
ロレーヌ行進曲 [ガストン・ルイ・ガンヌ]
サンブル・エ・ミューズ連隊 [ジャン・ロベール・プランケット/ジョセフ・フランソワ・ラウスキ(W.ハウトヴァスト編)]
剣士の入場 [ユリウス・フチーク(W.トゥシュラ編)]
ハイデックスブルグ万歳 [ルドルフ・ヘルツァー(R.フベルト編)]
剣と槍もて [ヘルマン・シュタルケ(S.ルンデル編)]
旧友 [カール・タイケ(校訂 三村清順)]
戦車兵たちの行進曲 [セミョン・チェルネツキー]
運動員進行曲 [中国人民解放軍軍楽団集体創作 吴光瑞/李明秀/賈双]
コバルトの空 [レイモンド服部]
軍艦行進曲 [瀬戸口藤吉]
祝典行進曲 [團伊玖磨]
オリンピックマーチ [古関裕而(校訂 松木敏晃)]

陸上自衛隊中央音楽隊
指揮:隊長・1等陸佐 武田 晃

2009年7月16・17日 所沢市民文化センター ミューズ アークホール
FOCD9453 定価¥2,800(税抜価格¥2,667)


抜群の演奏技術と、新作委嘱やCD録音などの充実した活動で日本屈指のプロフェッショナルバンドとして注目される陸上自衛隊中央音楽隊だが、その原点には、どのバンドにも負けない絶対的なレパートリー、すなわちマーチがある。それが彼らの強みであり、凄さなのだ。
?国塩哲紀 ライナーノートより?

FOCD9445.jpg [ WEBで購入 ]


ジェイムズ・バーンズ: ワイルド・ブルー・ヨンダー 作品125
ヨハン・デメイ: ダッチ・マスターズ組曲
フィリップ・スパーク: ウィークエンド・イン・ニューヨーク
後藤 洋: 彼方の祝祭【市制120周年記念大阪市音楽団委嘱作品・世界初演】
クロード・トーマス・スミス: 華麗なる舞曲
ヤン・ヴァンデルロースト: 結婚行進曲

飯森範親 指揮 大阪市音楽団

2009年6月5日 ザ・シンフォニーホールにおけるライヴ録音
FOCD9445 定価¥2,800(税抜価格¥2,667)


本年6月5日、大阪 ザ・シンフォニーホールにおける第98回定期演奏会のライヴ録音。
指揮は、市音ファンからの長年の熱望に応えて今回初めて指揮台に立った、飯森範親です。
吹奏楽界をリードする一方の旗手 市音らしく、吹奏楽オリジナル作品だけで組まれた迫力あるプログラム。中世オランダの酒場ムードを型破りな演出でステージ上に出現させた「ダッチ・マスターズ組曲」、史上最速かと思わせるテンポで駆け抜けた超難曲「華麗なる舞曲」…
大阪市音楽団と飯森範親による、新たなる“ウィンド伝説”誕生の記録です。

FOCD9433.jpg [ WEBで購入 ]


スパーク:ダンス・ムーヴメント、フィエスタ!
アーノルド:序曲「タム・オシャンター」、行進曲「パドストー・ライフボート」
フレッチャー:英雄行進曲
ウォルトン:コンサート・バンドのための行進曲、序曲「ポーツマス・ポイント」
グレッグスン:王は受け継がれゆく

野中図洋和 指揮 陸上自衛隊中央音楽隊 

(2000/2/18?20武蔵野音楽大学バッハザールRec.)
FOCD9433 定価¥1,500(税抜価格¥1,429)


イギリスはブラス・バンドの実質的な発祥地でもあり、さらにはウィンド・バンドの数も多く、こうしたアンサンブルのために曲をつくり続けている作曲家も多くいます。また、オーケストラ作品からの編曲も多く、独特のノーブルな音色と相まって日本やアメリカと並ぶ「吹奏楽王国」です。
このアルバムでは、数多くの作品の中から厳選された全8曲、5人の作曲家の作品を収録しました。
しかも単なる「英国名曲選」とは違って、ちょっとひとひねりした「こだわりの名曲選」・・・
“中音”の持つ表現力豊かな演奏で、吹奏楽の面白さを存分に楽しめる1枚です。
平成12年度文化庁芸術祭優秀賞受賞作品。(FOCD9135の再発売)

FOCD9431.jpg [ WEBで購入 ]


フランク・ティケリ:ワイルド・ナイツ!
フランコ・チェザリーニ:ブルー・ホライズン 作品23b
リヒャルト・ワーグナー(森田一浩 編):楽劇「ニュルンベルクのマイスタージンガー」セレクション
櫛田てつ之扶:組曲「星へのきざはし」?第2部?
レナード・バーンスタイン(ウォルター・ビーラー 編):「キャンディード」序曲
ジョージ・ガーシュウィン(保科 洋 編):パリのアメリカ人

秋山和慶 指揮 大阪市音楽団

(2008/11/21 ザ・シンフォニーホール ライヴ録音)
FOCD9431 定価¥2,800(税抜価格¥2,667)


昨年11月21日、大阪 ザ・シンフォニーホールにおける第97回定期演奏会のライヴ録音。
2年ぶりに指揮台に登場したのは、2003年から大阪市音楽団の特別指揮者・芸術顧問を務める秋山和慶です。
おなじみの「キャンディード」「パリのアメリカ人」から櫛田てつ之扶の新作世界初演まで、秋山の軽快なバトンさばきのもとで多彩なプログラムを展開しています。

FOCD3509.jpg [ WEBで購入 ]


サン=サーンス/クラリネット・ソナタ 変ホ長調 Op.167
ラドミロー/クラリネット・ソナタ
ドビュッシー/クラリネットとピアノのためのラプソディ 第1番
プーランク/クラリネット・ソナタ
尾高惇忠/2本のクラリネットとピアノのための“ディアローグ”

浜中浩一 クラリネット 二宮和子 クラリネット(ディアローグ) 藤井一興 ピアノ
2008年5月21・23・24日 神奈川県立相模湖交流センター Rec.

FOCD3509 定価¥3,059(税抜定価¥2,913)


元NHK交響楽団首席クラリネット奏者 浜中浩一の新録音。

1937年生まれの浜中は、60年の東京芸術大学卒業と同時にNHK交響楽団に入団。69年からは首席奏者として24年間、その重職を全うしました。
71歳となる現在も、音楽大学等で後進の育成に尽力しながら、“生涯青年”を座右の銘にクラリネット一筋の意欲的な活動を続けています。

本作には、言わずもがなの名曲 サン=サーンス・ドビュッシー・プーランクはもちろんのこと、国内・輸入盤を問わず貴重なポール・ラドミロー(1877-1944)のソナタも収録。浜中が“生涯の師”と仰ぐ名手 ジャック・ランスロ譲りの華やかな音色で、聴く者を引き込みます。
また、夫人 二宮和子が尾高惇忠に委嘱した“ディアローグ”は本作が初録音。盟友でもある浜中=二宮の“対話”をお楽しみ下さい。

FOCD9396.jpg [ WEBで購入 ]


樽屋雅徳:ヘスペリデスの黄金の林檎
ジュリー・ジロー:寓話の交響曲(日本初演)
ピーター・グレイアム:ユーフォニアム協奏曲?称うべき紳士たちの列伝に?(世界初演)
ピーター・グレイアム:交響的情景「地底旅行」
ヤン・ヴァンデルロースト:ジュピター

小松一彦/指揮 スティーヴン・ミード/ユーフォニアム 大阪市音楽団
(2008年6月6日 ザ・シンフォニーホール ライヴ録音)

FOCD9396 定価¥2,800(税抜定価¥2,667)


本年6月6日、大阪 ザ・シンフォニーホールにおける第96回定期演奏会のライヴ録音。
首席客演指揮者、小松一彦のもと、ギリシャ神話やヨーロッパ各国の寓話、19世紀の冒険小説や探偵小説に題材を求めたストーリー性の高い作品を採り上げています。
中でも特に注目を集めたのは、世界的ヴィルトゥオーゾ スティーヴン・ミード(ユーフォニアム)を迎えて世界初演された、ピーター・グレイアムのユーフォニアム協奏曲「称うべき紳士たちの列伝に」。同じくグレイアムの人気曲「地底旅行」の演奏とともに、永く記憶されるべき熱演です。
フォンテックでは、今後も大阪市音楽団のライヴ録音シリーズを継続的にリリースしていきます。