RELEASE

[2009.7.20] 嵯峨天皇の雅楽-長谷川景光 [fontec P&D]

FOCD20073.jpg [ WEBで購入 ]


1.平調 郎君子
2.沙陀調 最涼州 半帖
3.大食調 散手破陣楽破 半帖
4.平調 林歌
5.乞食調 蘇芳菲
6.水調 感城楽
7.盤渉調 鳥向楽 半帖
8.九声黄鐘調 栴檀風

長谷川景光 龍笛・大篳篥/橋本薫明 笙/平安楽舎

FOCD20073 定価¥2,300(税抜価格¥2,190)


長谷川景光は雅楽を海地昭三に師事、現代音楽を柴田南雄から、雅楽横笛は芝祐靖から学び、松井北斗に楽琵琶を師事しました。現在は古代、中世の雅楽譜を解読、復元し精力的に演奏活動をしています。
6作目にあたる本CDでは嵯峨天皇(786~842。在位809~823)に注目しました。嵯峨天皇は詩人天皇として知られていますが、楽を最も愛された雅楽天皇でもありました。琴をこよなく愛されただけでなく、曲の新作や改作を奨励し、また自らも作曲されました。さらに、平安中期に成立した音楽小説『うつほ物語』では重要な登場人物として描かれています。このCDでは嵯峨天皇に因んだ曲を収載し、嵯峨天皇に捧げるアルバムとなっています。